FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

ZF Protocol

Link

(まじか!)レモン由来のエリオシトリンはヒトの肝がん細胞のアポトーシスを誘導し細胞周期を停止させ、増殖を抑制する

Eriocitrin from lemon suppresses the proliferation of human hepatocellular carcinoma cells through inducing apoptosis and arresting cell cycle.
161108Eriocitrin.png 
以前も紹介したエリオシトリン(Eriocitrin)について、最近新しい論文が出ました。

中国の研究機関による報告です。
最初見たとき、
あれ?同じ肝がん細胞HepG2にエリオシトリンを投与したけれど、細胞増殖抑制作用なんてなかったぞ?この著者たちは何を言っているんだ?
と少し驚きました。

Cancer Chemother Pharmacolというあまり聞き慣れない雑誌でしたが、IFは2.8とあったのでそれなりにちゃんとした雑誌なのでしょう。
Springerです1978年から続いているという歴史のある雑誌のようです。

三重大学の契約ではダウンロードできなかったのですが、ResearchGateからなんとか全文を入手できました。
まずはFigureをよく見てと・・・、たくさんWestern blotしているなぁ。。。

あれ?さっそくWestern Blotにコピペらしいものを発見。
Figure 3aの右側のbeta actinのバンドをひっくり返して、Figure 3dの左側のbeta actinに流用していますね。
beta actinなどhouse keeping proteinのすぐにできるwestern blotをコピペするようでは、論文全体の信頼度が下がってしまいます。
あとFigure 2bのCyclin Aは上下逆のような気が・・・。
bandの定量化もnormalize用のbeta actinをせずに対象バンドが増えた・減ったと結論づけているのもおかしい。

他にもいろいろありそうな論文ですが、こんなことに時間を割くのは虚しいので、おしまいにします。
本当はこのくだりをここで図示したいのですが、論文の著作権などにひっかかると嫌なので、興味のある方は個人的にご連絡ください。

なお私達の系では(リンク先論文のFigure 3、10 microM投与なのでこの論文より少し濃度が低いですが)、エリオシトリンを3日間投与しても細胞増殖には影響なかったのです。
まあ、彼らのように50 microM投与にすれば影響は出るかもしれませんね。

ただ気に入らないのは・・・
私達のグループの論文が引用されてはいるのですが、その内容が間違えている!
Hiramitsu et  al. [15] found that eriocitrin  suppressed  exercise-induced  oxidative  damage  in rat liver as well.
なんだよ、これ。
俺ら、ラットのデータなんて、運動による酸化ダメージなんて研究してねーぞ。

んがっとっと。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最近追加した記事

4/28: Published (4/28記事)
2/26: 分子生物学会 (12/6記事)
2/25: 新水槽システム (2/19記事)
1/13: 未病学会 (11/17記事)
1/13: デンソー (11/6記事)
1/13: 信楽 (11/4記事)
1/12: 中国3 (9/22記事)
1/12: 中国2 (9/20記事)
1/12: 中国1 (9/19記事)
12/27: Published (12/17記事)
12/27: ZMDD2019 (11/2記事)
12/27: 京都大学 (10/7記事)
12/27: 彦根・安土城 (9/15記事)
12/22: Published (12/17記事)
12/22: Published (11/20記事)
12/22: Doctors File (11/9記事)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter