FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

ZF Protocol

Link

Special issue "Zebrafish-Based Drug Screening" in Molecules Journal

Dear friends,Thank you for your contribution to our special issue "Zebrafish-Based Drug Screening" in Molecules journal!The last paper I published was my own.Special Issue "Zebrafish-Based Drug Screening"It is a little early but have a great year!...

続きを読む

[Published] ゼブラフィッシュ稚魚を用いた抗肥満スクリーニング

ロート社との共同研究成果の1つが、無事publishされました!gsOpen AccessArticleAnti-Obesity Natural Products Tested in Juvenile Zebrafish Obesogenic Tests and Mouse 3T3-L1 Adipogenesis Assaysby Hiroko Nakayama 1,2,†,Kanae Hata 1,Izumi Matsuoka 1,Liqing Zang 1,2,Youngil Kim 3,Djongchi Chu 3,Lekh Raj Juneja 3,Norihiro Nishimura 1,2 andYasuhito Shimada&...

続きを読む

[Published] 飼育水に含まれるゼブラフィッシュのmRNAの検出に成功

龍谷大学の山中裕樹先生との共同研究がEnviromental DNAにpublishされました!Messenger RNA typing of environmental RNA (eRNA): A case study on zebrafish tank water with perspectives for the future development of eRNA analysis on aquatic vertebratesKenji Tsuri  Shizuya Ikeda  Takaya Hirohara  Yasuhito Shimada  Toshifumi Minamoto  Hiroki YamanakaFirst pu...

続きを読む

[YouTube] ゼブラフィッシュ実験技術説明 - アルテミアの調製

前回、前々回に引き続き、第3回目の今日は・・・アルテミアのの調製方法です!!わ~~~、パチパチパチパチパチパチ・・・撮影:井上雅子(技術補佐員、Fish care taker)主演:中山寛子(研究員、業績)(ここからウンチク)アルテミア(Artemia, Brine shrimp)は、主に養殖業界では稚魚に用いられることの多い、生きた餌(小エビ)ですが、ゼブラフィッシュ研究業界では成魚にも与えます。ある意味、世界標準な餌でございます...

続きを読む

[YouTube] ゼブラフィッシュ実験技術説明 - 交配

というわけで、ゼブラフィッシュ実験技術の説明動画、第2弾前回は産んだ卵の回収方法でしたが、今回はその前日のお仕事卵を産ますぜ!!撮影:井上雅子(技術補佐員、Fish care taker)主演:中山寛子(研究員、業績)ちなみに使っている採卵用水槽は、イタリア出身のテクノプラスト社さんのもの。(日本にも店あります)本当はこのZebTECという水槽システムが欲しいのですが、かなりお高いので見合わせております。で、このタンク...

続きを読む

[YouTube] ゼブラフィッシュ実験技術説明 - 採卵

ゼブラフィッシュ研究を始めた方から時々基本的な飼育方法などを聞かれることが増えてきましたので、動画を作ってみました。第1回目は・・・採卵です!!撮影:井上雅子(技術補佐員、Fish care taker)主演:中山寛子(研究員、業績)これからもちょっとずつ増やしていこうと思います。こんなことを教えてほしい、という方がいましたら、遠慮なくご連絡くださいませ~~~...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] 抗うつ薬の使い方

というわけで、今回の鈴メンちゃんねるは・・・抗うつ薬の使い方!!あ・く・ま・で、この2人の独断と偏見(あと経験も)に基づいた抗うつ薬の使い方なので、参考にしないでください!!このYouTube、やっちまったか?専門分野だけに、ちょっと心配です。ちゃんちゃん!!...

続きを読む

ゼブラフィッシュの感染症対策(トラブル編)

そんなに忙しくしているつもりはないのに、あっという間に月日は流れてしまいます。・・・はっ!これが老化か!?さて、今回は前回の「ゼブラフィッシュの感染症対策」の続きです。じゃあ、感染症が起こったらどうするんだ?これに対する基本方針は疑わしきは滅せよ!!でございます。ゼブラフィッシュにとってはひどい対応ですが(涙)。病原菌(寄生虫・菌・ウイルス)は目に見えないので、本当に感染症が起こっているのか、なか...

続きを読む

ゼブラフィッシュの感染症対策(予防編)

初心者の頃(でもないかも)一番やらかすトラブルは・・・感染症!!そうです、ゼブラフィッシュも感染症になります。コロナウイルス関係だと思った方、すみません。そっちのほうもそのうちやります。。。最初に水槽システムを立ち上げて、野生型(ABとかTU、あるいは理研の系統)を飼育し、実験に使っているうちに、徐々にmutantや遺伝子組み換え体が欲しくなり・・・こういう特殊な系統をZebrafish International Resource Cente...

続きを読む

新型コロナウイルスにより9ヵ国首脳がイグノーベル賞を受賞

https://www.improbable.com/意外とパッとしないIg Nobel prizeのホームページ。左側の"Ig Nobel Prize Winners"をクリックして、下のほうにスクロールしていくと。。。MEDICAL EDUCATION PRIZE [BRAZIL, UK, INDIA, MEXICO, BELARUS, USA, TURKEY, RUSSIA, TURKMENISTAN]Jair Bolsonaro of Brazil, Boris Johnson of the United Kingdom, Narendra Modi of India, Andrés Manuel López Obrador of Mexico, Alexander Lukashe...

続きを読む

[Published] 帰って来れないうちのポスドク

というわけで、帰ってこれないポスドク Jackyのレビュー祭開催中過去の彼の作品はこちら(過去ブログその1・その2)A comprehensive review on environmental toxicity of azole compounds to fish.Chemosphere. 2020; in press. Bhagat J, Singh N, Nishimura N, Shimada Y. ええ、なかなかいい仕事します。外国人研究員を獲得した(過去ブログ)甲斐がありました。内容は・・・アゾール系化合物は殺虫剤や抗原虫・真...

続きを読む

[Published] 怒りのマイクロプラスチックレビュー

新型コロナウイルスのせいで、インドから帰って来れないポスドク、Jackyのレビューがようやくpublish。Toxicological interactions of microplastics/nanoplastics and environmental contaminants: Current Knowledge and Future Perspectives.J Hazard Mater. 2020; in press.Bhagat J, Nishimura N, Shimada Y. ナノプラスチックと環境汚染物質の相互作用による毒性について、ゼブラフィッシュを中心に超網羅的に書いたレ...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] 院長おすすめYouTuber

なんだかんだで順調に投稿数を増やしている鈴メンちゃんねる。論文もこれくらいのペースで発表できたらなぁ~~今回は定番の・・・浜中院長おすすめのYouTuberまあ、ゆる~い感じでやっています。いまだにiDECOで爆損ちゅうですし、自分。ちゃんちゃん!!...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] 精神科医になった理由

さて、今回の鈴メンちゃんねるは・・・。島田が精神科医になった理由。まあ、正直半分だまされたようなものでしたが(オイオイ)、今となっては精神科医になってよかったと思います。ん?そのうち、なぜゼブラフィッシュ研究者にもなった理由をYouTubeで公開しますかね~~ちゃんちゃん!...

続きを読む

自宅で稚魚飼育

うちは基本、週末や祝日は学生さんのバイトで餌やりをしてもらっているのですが気づくと数が少ない系統がいる!!そうです。育てにくい(死にやすい)系統は確かに存在します!通常のうちの飼育スケジュールは月曜:採卵セット(英語でいうところのcrossing)火曜:採卵水曜〜金曜:飼育水交換、この段階では受精後3日目なので給餌はなし。土日はインキュベータ内に放置(笑)週明けて月曜:飼育水交換火曜:必殺のワムシシート(...

続きを読む

[Published] 乳酸発酵したハナビラタケはβグルカンの云々で肥満に効く

長〜い間レビュー中だった(新型コロナの影響か?)論文がようやくpublish。Lacto-fermented Cauliflower fungus (Sparassis crispa) ameliorates hepatic steatosis by activating beta-oxidation in a diet-induced obese zebrafish.J Med Food. 2020;23:803-810.Matsuura N, Zang L, Nishimura N, Shimada Y.わ〜〜、パチパチパチパチ・・・ハナビラタケというキノコを乳酸菌で発酵させたものを、肥満ゼブラフィッシュに経口投...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] コンビ結成20周年

前回、前々回に引き続き、YouTube動画「鈴メンちゃんねる」をアップしました!!精神科医としての立場でのYouTUberですが、精神科と全く関係ありません!!まあ、単なる酔っ払いみたいな(本当に飲んでいません)おっさんの漫談となっています。ニーズはまったく気にしておりません!!実はこの浜中院長と精神科医としてのコンビを組んで、20年以上経っていたので、それを総括(?)するような内容にしております。暇つぶしにどう...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] 非定型精神病について

というわけで、鈴メンちゃんねるも今回で4回目。いつまでも、精神科医を名乗るおっさん2人の漫談ではいけない!今回のお題は・・・非定型精神病浜中院長、がんばりました!!なんとパワーポイントまで用意しました!!!いえーーい!!非定型精神病はあまり聞きなれない(というか滅多に聞かない)病名だと思いますが、詳しいことはWikiPediaを見てくださいね。ちゃんちゃん!!...

続きを読む

[Published] siRNAをゼブラフィッシュ体内のがんに入れる

本なので、アクセプトされてから出版までかなり待たされた論文。これこそ、新型コロナの影響のような気がします。総取りまとめはメキシコUNAM(日本の東大みたいなとこ)の大先生ですし・・・。そして久しぶりの純粋なfirst author論文!!気付いたら5年ぶり・・・Developing a model for a siRNA delivery system by cancer implantation into zebrafish circulation.Methods Mol Biol. 2020; 2174:263-275.Shimada Y, Hazekawa M...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] 調子に乗ってすぐ更新

前回(というか前日)から始めたYouTuber。調子に乗って第2作目をすぐ更新してしまいました。アホですね〜〜〜今回はアドラー心理学で有名なアドラー先生についてです。正直、私はアドラー心理学について全然知りませんし(なんちゃって精神科医ですし)でも院長の説明でアドラー心理学を表面的にでも理解し、なぜ今、流行っているのかを自分なりに考えてみました。まあ、厳しく真理をズバッとついてくれるメンターが欲しい人も多...

続きを読む

[鈴メンちゃんねる] YouTuber始めました!

以前にも大学のサポートでYouTubeを出しましたが(過去ブログ)、今回は・・・本気でYouTuber始めました!!少し前から、新型コロナの自粛で学会などでの発表もできないし、民間企業との共同研究が減る可能性を考え、YouTubeで自分の研究成果を発表していこう!!と考えていたのですが・・・なぜか、全然関係ない精神科医としてもYouTubeをはじめてしまいました(笑)。研究者として引退を考えている訳では全くございません。一緒...

続きを読む

[Published] タイタンビカスという新種の花は創傷部位の酸化ストレスを軽減する

基本、自分がメイン(コレスポかファースト)じゃない論文はpublishしてもあまり紹介しないのですが、今回はちょっと面白い実験をしていたので・・・Determination of anthocyanins and antioxidants in ‘Titanbicus’ edible flowers in vitro and in vivo. Plant Food Hum Nutr. 2020;75:265-271.Chensom S, Shimada Y, Nakayama H, Yoshida K, Kondo T, Katsuzaki H, Hasegawa S and Mishima T.地元企業の雄、赤塚植物園さんが開...

続きを読む

水槽を洗剤であらうかどうか?

ゼブラフィッシュ水槽を洗剤を用いて洗っても大丈夫かどうか?意外とこの点に悩んでいるゼブラフィッシュ屋さんは多いかと思います。(自分の勘違いで、全然そんなことに悩んでいる研究者が全然いなかったらすみません)。うちは以前の貝についてのブログでも紹介したように、レッドラムズホーンという巻貝を苔取りとして養殖していますが、それでも水槽は汚れる!!(苔はあまり生えませんが)。当時のブログを見ると「本当に苔が...

続きを読む

[Published] ナノプラスチック研究モデルとしてのゼブラフィッシュ

JSPSの外国人特別研究員Jacky Bhagatさんが来て半年、新型コロナウイルスの件でインドからなかなか戻ってこれませんが、彼の研究成果が早くもpublishできました。ReviewZebrafish: An emerging model to study microplastic and nanoplastic toxicityAuthor links open overlay panelJackyBhagatabLiqingZangabNorihiroNishimuraabYasuhitoShimadabcdhttps://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2020.138707よくがんばった!!言葉の通じ...

続きを読む

[Published] セラミドをレシチンで包んだものはゼブラフィッシュすら白くする

というわけで1年前から開始した辻製油社さんとの共同研究成果がMoleculesに出版されました。Kagotani K, Nakayama H, Zang L, Fujimoto Y, Hayashi A, Sono R, Nishimura N, Shimada Y. Lecithin-based dermal drug delivery for anti-pigmentation maize ceramide. Molecules. 2020;25:1595. わー、パチパチパチパチ・・・やったことはいたってシンプル(そんなんばっか)よく化粧品なんかで耳にするセラミドを、もっと...

続きを読む

最近追加した記事

2/13: Published(12/10記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる8(10/3記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる7(9/13記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる6(9/8記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる5(9/5記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる4(8/22記事)
2/13: 鈴メンちゃんねる3(8/22記事)
2/13: 感染症対策2(9/24記事)
2/12: Published (12/4記事)
12/12: Special issue (12/12記事)
12/12: YouTube 3(11/17記事)
12/12: YouTube 2(10/15記事)
12/12: YouTube 1(10/4記事)
9/22: 稚魚飼育 (8/30記事)
9/22: Published (9/16記事)
9/22: Published (9/14記事)
9/22: Published (8/20記事)
9/22: 鈴メンちゃんねる2 (8/16記事)
9/22: 鈴メンちゃんねる1( (8/15記事)
9/21: Published (8/23記事)
9/21: 水槽用洗剤 (5/8記事)
9/21: 新ホームページ (12/25記事)
9/21: 感染症対策1 (9/22記事)
9/19: Published (6/1記事)
9/19: 貝の飼育 (3/3記事)
9/19: Published (3/31記事)
9/19: イグノーベル賞 (9/19記事)
4/28: Published (4/28記事)
2/26: 分子生物学会 (12/6記事)
2/25: 新水槽システム (2/19記事)

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Twitter