FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

[Published] 糖尿病モデルゼブラフィッシュの腸内細菌叢の機能は患者さんの菌叢に似ている

新年一発目のPublish。お得意(汗)のScientific Reportsです。Article | OPEN | Published: 29 January 2019Microbiome Alteration in Type 2 Diabetes Mellitus Model of ZebrafishFumiyoshi Okazaki, Liqing Zang, Hiroko Nakayama, Zhen Chen, Zi-Jun Gao, Hitoshi Chiba, Shu-Ping Hui, Takahiko Aoki, Norihiro Nishimura & Yasuhito Shima...

続きを読む

[Published] 紅藻類Palmaria mollisはゼブラフィッシュ・マウスの肥満を改善する

ということで、久々の論文。しかもコレスポ&筆頭著者(equallyですが)Nutrients 2018, 10(10), 1401; https://doi.org/10.3390/nu10101401Novel Anti-Obesity Properties of Palmaria mollis in Zebrafish and Mouse Models 江南化工株式会社とオレゴン州立大学の共同研究、そしてJST A-STEPの支援を得てまとめた研究成果です。皆さん、ご協力ありがとうございました!!で、肝心の内容。日本の北...

続きを読む

[Published] 糖尿病ゼブラフィッシュの酸化リン脂質の網羅的解析

何度も繰り返している戯言ですが、弱小研究者としては少しでも自分の研究業績をアピールして、次の予算申請や共同研究につなげて生き延びている今日この頃。何とか論文がpublishされました。Lipidomic Profiling on Oxidized Phospholipids in Type 2 Diabetes Mellitus Model Zebrafish イエーイ、パチパチパチ!!昨年発表した2型糖尿病モデルゼブラフィッシュ(ブログ)の血中脂質を北海道大学のチームに解析していただい...

続きを読む

[Published] 久しぶりの日本語

本当に日本語は細かいルールが多くて難しい。だからこそ繊細な表現が楽しめて読む側にはうれしいのですが、書く側にしてはめんどくさいこと極まりない。正直英語論文のほうが簡単です。そしてインパクトファクターもないし・・・。というわけでひたすら避けてきた日本語論文ですが、今まで何度も予算申請して蹴られてきた金原一郎記念医学医療振興財団、もとい医学書院さんの生体の科学から依頼が来たので受けてしまいました。&nbs...

続きを読む

[Published] 相補鎖DNAを使ったドラッグデリバリー技術の開発

ライデン大学時代の最後のほうの仕事がpublishされました。わーい、パチパチパチパチPerforming DNA Nanotechnology Operations on a ZebrafishまずあるDNA鎖をゼブラフィッシュ表皮に結合させ、その相補鎖に色素やリポソームをひっつけてハイブリさせることにより、その化合物をゼブラフィッシュ体内に送る、というもの。もちろん私はゼブラフィッシュ担当でございました。面白いのはFigure 3にあるような、ヘアピン構造を介する...

続きを読む

最近追加した記事

2/10: 名古屋旅行 (1/27記事)
2/9: 記者会見 (1/31記事)
1/29: Published (1/29記事)
1/1: 謹賀新年 (1/1記事)

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter