FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

Chromebook(うんちく多め)

オランダに行く前に友人から中古で買った(といっても2万円なのでほとんどいただいたも同然ですが)Mac Book Aor 2011が、ついに電池消耗が異様に早くなってきました。三重県から東京に行く間の電車で、仕事を使用としても途中でバッテリーが切れる始末(つまり2時間くらいしか持たない)。で、新しいMacを買おうかな〜、と思っていたら、けっこう高い。先日のオランダ出張(ブログはこちら)でけっこう研究費を使ってしまった自...

続きを読む

松浦武四郎記念館

Happy Mondayが妙に多い9月。子供たちのお勉強も兼ねて松阪にある松浦武四郎記念館に行ってきました。松浦武四郎さんは松阪の人で、小さいころより旅をするのにあこがれ、大人になってから日本各地を歩き回り、そして北海道探検をしまくってアイヌの人たちと仲良くなるついでに、「北海道」の名前までつけちゃった人です。詳細はこちら。ま、簡単に言うと三重県出身の数少ないすごい人ですね。地元の小学生は押さえないといけない...

続きを読む

夏休みの研究

1年がかりの夏休みの研究に手を出してしまった島田家。そのテーマは・・・味噌作り!!ええ、もちろんキットです。キットサイエンティストと呼ばないで〜〜冬、大量の大豆を煮て、皆で砕き麹菌と塩を混ぜ込み、台所の床下収納にほり込むこと半年間。 7月、味噌を天地返しにかき混ぜるついでにサンプリング。お味はなかなかしょっぱい。あまり味噌っぽくないなー。で、顕微鏡観察!!けっこう麹菌らしきブツブツが増えていま...

続きを読む

台風21号

近年例を見ない強い台風が来ましたので、ブログに記録中心気圧915 hPa(多めに盛っています)となかなかの低気圧っぷりをアピールしながら、日本にやってきた台風21号、その名もJebi(チェービー)。韓国語でツバメを意味する言葉らしいのですが(ネットで検索した)、ツバメどころかオオワシといってもいいくらいの勢いです。細かい台風21号の説明ははしょりまして・・・身近な被害報告。まずは自宅。外置きの乾燥機が吹っ飛...

続きを読む

イノベーションジャパン2018

去年に引き続き、三重大学様の援助(資金・人的)を受け、イノベーションジャパン2018でブースを出して来ました(正確にはイノベーション・ジャパン -大学見本市ね)。関係者のみなさま、ご協力ありがとうございました(最初にお礼を言うスタイル)。そして今回は卓越型リサーチセンターの長としての出陣でございます。いえーい、パチパチパチパチ卓越型リサーチセンターのホームページはこちらセンター設立当時のブログはこちらす...

続きを読む

Nanopore現場の会

ここ半年、Nanopore Oxford社のMinIONを回すことが増えて来た今日この頃。一度は真面目に勉強会に出てみるか、ということでNanopore現場の会に行ってきました〜〜!!!どうでもいいことなんですけど、MinIONは「ミニオン」と読みたくなりますが(ときどきそう呼んでしまいます)、本当は「ミナイオン」と発音します。ほんと、どうでもいい話ですが。今まで、適当にウェブサイトでクレカ立替払いで買って、テキトーに(うちのメン...

続きを読む

[Published] 糖尿病ゼブラフィッシュの酸化リン脂質の網羅的解析

何度も繰り返している戯言ですが、弱小研究者としては少しでも自分の研究業績をアピールして、次の予算申請や共同研究につなげて生き延びている今日この頃。何とか論文がpublishされました。Lipidomic Profiling on Oxidized Phospholipids in Type 2 Diabetes Mellitus Model Zebrafish イエーイ、パチパチパチ!!昨年発表した2型糖尿病モデルゼブラフィッシュ(ブログ)の血中脂質を北海道大学のチームに解析していただい...

続きを読む

[Published] 久しぶりの日本語

本当に日本語は細かいルールが多くて難しい。だからこそ繊細な表現が楽しめて読む側にはうれしいのですが、書く側にしてはめんどくさいこと極まりない。正直英語論文のほうが簡単です。そしてインパクトファクターもないし・・・。というわけでひたすら避けてきた日本語論文ですが、今まで何度も予算申請して蹴られてきた金原一郎記念医学医療振興財団、もとい医学書院さんの生体の科学から依頼が来たので受けてしまいました。&nbs...

続きを読む

[Published] 相補鎖DNAを使ったドラッグデリバリー技術の開発

ライデン大学時代の最後のほうの仕事がpublishされました。わーい、パチパチパチパチPerforming DNA Nanotechnology Operations on a ZebrafishまずあるDNA鎖をゼブラフィッシュ表皮に結合させ、その相補鎖に色素やリポソームをひっつけてハイブリさせることにより、その化合物をゼブラフィッシュ体内に送る、というもの。もちろん私はゼブラフィッシュ担当でございました。面白いのはFigure 3にあるような、ヘアピン構造を介する...

続きを読む

最近追加した記事

2/10: 名古屋旅行 (1/27記事)
2/9: 記者会見 (1/31記事)
1/29: Published (1/29記事)
1/1: 謹賀新年 (1/1記事)

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Twitter