Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

第133回日本薬理学会近畿部会で発表しました

今年度2発目は第133回日本薬理学会近畿部会 in 広島!!パチパチパチパチパチー・・・(ワンパターン)学会サイトへのリンクはこちら(そのうち切れると思いますが) 今回は(自分も含め)学部4年生エース2名を連れて発表しました。それぞれ初めてのオーラルでの学会発表でかなり緊張していたようです。その証拠に・・・質疑応答で困った時に指導教官(私)のヘルプが必要な時には、自分の頭に手を当てる、というサインを...

続きを読む

ロート製薬社との共同研究が中日新聞に掲載されました

3流研究者としては自分の少ない業績を少しでも強くアピールしないといけません。ということで5/31の中日新聞に、ロート製薬社との共同研究が掲載されましたので、ブログで宣伝します。お目汚しすみません(かなり弱き)。「三重県素材で健康法探る!!」 PDFリンクはこちら> 島田博士は「現代での本草学の復刻(本当は復興)であり、それを通した地域活性化への貢献を目指したい。科学的に世界の標準に達するレベルになる...

続きを読む

第82回日本生化学会中部支部例会で発表してきました

新年度になり、ぼちぼち学会発表の時期がやってきました。今年度一発目は(毎年の一発目もそうなのですが)第82回日本生化学会中部支部例会 in 岐阜大学!!パチパチパチパチパチー・・・学会サイトへのリンクはこちら(そのうち切れると思いますが)ここが会場。 米国から帰ってきた後輩くんや、10年ぶりに学会発表するうちの研究員、そして勢いだけの学部4年生が発表しました。1分間フラッシュトークでがんばる皆さん。...

続きを読む

個別化水槽

米国から帰国してきた後輩がすっかりCRISPR屋さんに生まれ変わっていた&共同研究者もCRISPRに手を出したこともあり、Genotypingがちょいちょい行われるようになってきた今日この頃。Fin clippingしたあとのゼブラフィッシュを個別(1匹ずつ)飼育したいというリクエストが増えてきたため、個別化水槽を導入しました!!通常の水槽に1匹ずつ入れて飼育していると、水槽システムがあっという間にいっぱいになってしまいます。初代...

続きを読む

[Published] 新しい稚魚用の餌、乾燥ワムシシート

気づくと仕事内容が増えてしまうこのブログ(当たり前だろ)。研究ばかりしている素晴らしい人物、という誤解を防ぐためにも日常生活ブログ(ゴールデンウィークの大阪旅行など)を書かないと〜、と思いつつも、今回もお仕事宣伝・自慢ブログです。ええ、三流研究者は自分の宣伝もがんばって(少しでも自分を大きく見せて)予算を取りにいかないといけないのです。すみません(謝る必要はないんですけどね)。論文がpublishされま...

続きを読む

オランダからのお客様、パート??

もう何回目のお客様かわからなくなってきましたが、オランダから娘の友達一家(といっても母と娘)が来てくれました。帰国してもう2年なのに、ありがたいことです。で、わざわざ三重県くんだり来られる、ということで、三重と言ったら・・・伊勢神宮!!京都よりも古い日本の歴史を誇る神社を案内するのだ!!(すっかり三重県人)ええ、ゴールデンウィークをなめていました。ヒト多過ぎ!!まずは神宮に参拝して、 五十鈴川...

続きを読む

本を読まない類人猿も老眼になる

前回の科学(ゼブラフィッシュ)ニュースに引き続き、今回も科学ニュース(今回もちょっと古いですが)。ボノボも老眼になる -現代社会の目の酷使と老眼は無関係?- チンパンジーなどの類人猿の研究では世界トップクラスの京都大学霊長類研究所の成果です。人間に一番近いとされているボノボには毛づくろいをする修正があるのですが、その時の目と手先の距離を測ることにより、年を取ると距離が伸びている => 老眼!!...

続きを読む

マラソン

さあ、どんどん研究に関係ネタを投入していきます!!肉体派とは決して言えない島田家、それなのに今年で3年目の「志摩ロードパーティー」で激走してきました!!パチパチパチパチパチ!!1回目のブログはこちら。1回目のオランダから帰国直後とは違い、体重も10キロ近く増えた私(もちろん年齢も増えています)、自慢の自転車通勤も週2程度(時にそれ以下)に減ってしまった熟成Japanese中年になってきたので、子供達はともか...

続きを読む

ゼブラフィッシュで希少疾患の診断・治療薬を探索する

ちょっと古めのニュースですが最近ゼブラフィッシュ絡みの科学ニュースをブログにあげていなかったので、「New treatments to fight a rare disorder wreaking havoc in isolated indigenous communities」よりご紹介。 前回のZDM10でもけっこう発表があったのですが、米国NIHを中心に原因不明の病気、希少疾患の診断・治療薬探索にゼブラフィッシュを使うのが始まっています。よくあるパターンが、謎の小児てんかん発作。よ...

続きを読む