Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

東京観光(築地と日本科学未来館)

昨年末のブログで「研究と関係ない投稿も増やそう」と書きましたが、ほとんど研究についてばかりの内容。これではあまりにも味気ないと反省し、今回はゴールデンウィークに家族で日本科学未来館に行ってきたレポートです。そんなに細かく書いていないですが。

と言っても最初から行くつもりだったのではなく、オランダ留学時代の子どもたちが通っていた学校Elckerlyc International Schoolのクラスメイト(フランス人一家)がMay holiday(ゴールデンウィークと同じ時期で2週間ちょいの休日!)を利用して、日本に観光しに来たので、彼らのガイドをしつつ、その流れで行きました。

学会や打ち合わせではちょくちょく来ている東京。
でも観光や遊びに来たのは10年前の東京ディズニーランド(正確には東京ではない)以来です。

まずはご希望の築地市場。祝日ということで残念ながら市場そのものは営業していませんでしたが、人混みに揉まれて寿司を食べたり(生ウニに怯えるフランス人)、イイダコ串(自分が買って怯えるフランス人たちに食べさせた)を買い喰いしたりしました。
170503-1.jpg 
市場がやっていなかったことを残念がっていましたが、「市場の人たちもホリデーを取る権利はあるしね」と伝えると妙に納得するヨーロッパ人。。

その後、子どもたち(うちの子も入れて5人)が喜ぶところをリクエストされたので、東京水辺ラインに乗ってクルージングを楽しみながらお台場へ。
170503-2.jpg 
さすがフランス人、自由の女神像があることを知っていました。
170503-5.jpg 
そして子供向けにと考え、自分もこれまで行ったことのなかった日本科学未来館に連れて行きました。
170503-3.jpg 

ちょっと小学生クラスの子どもたちには理解しにくい(面白くない)展示が多いかなーと心配していたのですが、けっこう楽しんでいたようです。
170503-4.jpg 
CO2の動きをパチンコ玉に見立てて、ぐるぐる回り続けるモニュメントをじーっと見続けていたり、未来の世界がよくなるよう、地球に見立てたボールをふわふわ画面上で動かしたり(うちの子の地球は50年後に滅亡!!)、片足で飛び跳ねたり、サッカーボールをぽよんと蹴るアシモのショーを見たりしました(まだまだロボットにとって変わられる世界は来そうにないですな)。


とても楽しい1日でした。
Thanks for coming!!