FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

ZF Protocol

Link

プラナリアを用いた再生医学研究

最近、良い論文をどんどん出してきたeLifeのarticle.
170109planaria.jpg 
身体を半分にちょんぎっても復活するプラナリアを用いて、その脳の再生に必要な遺伝子を根こそぎ調べた論文です。
写真はStudy.comよりお借りしました。

いやあ、こういうアイデアは(ある程度の研究者なら)誰しも考えるものですが、実際にやってしまう方たちがいるとはなかなか感心します。

この論文では、RNA-seqで捕まえた遺伝子に対し、RNAiで1つずつつぶし、プラナリア脳内における細胞再生・分化へ影響を与える遺伝子を同定しています。
また、プラナリアの脳再生にはグリアの再生が重要だそうですが、おそらく人間の脳でもニューロンそのものではなくグリアを再生させれば脳が再生するのでは、と著者たちは述べています。

さすがにプラナリアから人間へ、というのは無理があるような気がしますが、この次に来るゼブラフィッシュ・マウスを用いた系で、これらの遺伝子が証明されていくことでしょう。

神経再生分野も面白そうだなぁと思う今日この頃です。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最近追加した記事

4/28: Published (4/28記事)
2/26: 分子生物学会 (12/6記事)
2/25: 新水槽システム (2/19記事)
1/13: 未病学会 (11/17記事)
1/13: デンソー (11/6記事)
1/13: 信楽 (11/4記事)
1/12: 中国3 (9/22記事)
1/12: 中国2 (9/20記事)
1/12: 中国1 (9/19記事)
12/27: Published (12/17記事)
12/27: ZMDD2019 (11/2記事)
12/27: 京都大学 (10/7記事)
12/27: 彦根・安土城 (9/15記事)
12/22: Published (12/17記事)
12/22: Published (11/20記事)
12/22: Doctors File (11/9記事)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter