Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

Studies on RNA integrity and gene expression in human myocardial tissue, pericardial fluid and blood, and its postmortem stability

前回に引き続いて、(ゼブラフィッシュとは関係のない)医学研究論文のご紹介。

Forensic science international (Forensic Sci Int)というIF 3くらいの地味な雑誌、かつ論文タイトルからはパッとした印象を受けない論文ですが、その内容はちょっと驚きです。

なんとこれ、
死体から回収した心臓組織における遺伝子発現を解析
しているです。

心筋梗塞で亡くなった方の心臓を中心にいその結果、死後12時間前と後の2群についての遺伝子発現、mRNAとタンパク質の量を解析しています。
その結果、一部の遺伝子(MMP9やVEGFAなど)では、死後12時間過ぎてもその発現量は増加していました。

ヒト本体が死んでも各臓器における生命活動が存在している、というのはわかりきったことですが、それが死後12時間を過ぎても起きている、ということに驚きです。

ゾンビー化もあり得る話ですわ。

自分にとっては懐かしい、サバの燻製。この魚は完全に死んでいますが。
160819-1.jpg 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント