Blog

Intro

Publication

Conference

Patent

Link

廃品回収

学部内の講座が教授の退官とともに終了し、不要物品が大量に出るとの連絡を受け、無一文研究者としてはハイエナのごとく使えるものがないか回収しに行ってきました。

手伝ってくださった皆さま(学生はまだ誰もいない)、ありがとうございます!!
160623-8.jpg

その成果
1. 倒立顕微鏡
 本当は蛍光が欲しかったのですが、贅沢は敵です。培養細胞の観察くらいには使えそうです。
160623-3.jpg 
2. インキュベータ2台
 これは本当にありがたいです。ゼブラフィッシュの飼育は28度、がん移植した場合は33−35度にするので数あればあるだけ便利です。
160623-7.jpg 

3. 冷蔵庫2台と電気ポット
冷蔵庫も研究者にとってあればあるだけ便利です。さっそくウーロン茶と試薬が同居しています。
160623-6.jpg 
電気ポットもないラボでしたので、これでいつでもお湯が飲めます。
でも何だろう、この「ダイヤモンドフッ素 備長炭沸かし」って・・・。
160623-1.jpg 

4. マニュピレーター数台(組み合わせがわからない・・・)
 マイクロインジェクション屋なのに、帰国してマニュピレーターなしでうつ、という荒技をしていました。これでかなりラクになるかと。
160623-2.jpg 

その他、ソファに前教授が使っていたと思われるPCやモニタ数台、ごっそりいただいて帰りました。
160623-5.jpg 
写真はマイカー(軽バン)
160623-4.jpg 

まさにリサイクル業者のような働きで1日を過ごしてしまいました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント