FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

ZF Protocol

Link

Moleculesのguest editorになってみた。

Zebrafish_Drug_Screening-banner.png

最近お気に入りのMDPI group。

メリット1: Reviewerをすると論文投稿時にお安くなるバウチャーが貰える。
メリット2: 投稿した論文のreviewがとにかく早い(下手すると1週間以内)。

・・・もちろん、自分がreviewerになったときも1週間以内にreviewしないといけない訳ですが。まあ、実際にreviewするときって、2時間くらい集中しておしまいなので、1週間もあれば十分な訳です。



で、MDPIのIJMSにちょいちょい論文出していたら、同じグループのMoleculesからguest editorのお誘いが来ました。

最初は、「ん?Molecules?何その雑誌??」
と思っていたのですが・・・

IF = 3

ふっふっふー、まあ悪くないじゃなぁい。

しかも人生初エディター

肝心のお題は・・・

Zebrafish-based Drug Screening

ふーーーっ、私みたいな者がこんなお題をいただいても大丈夫なのでしょうか?
(反語:「大丈夫じゃない」という意味)

というわけで、co-editorにオランダ時代のbig boss、Herman Spainkをお願いしました。


で、肝心のspecial issue情報(ウェブサイトはこちら

Special Issue Information

Dear Colleagues, 

Danio rerio, a small teleost commonly known as zebrafish, has emerged as a powerful model organism for studying a wide variety of human diseases over the last few decades due to its small size, high fecundity, and genetic and genomic similarity to humans. Especially phenotype-based zebrafish testing, the so-called “zebrafish screening”, has been actively utilized to identify drug target molecules and therapeutic compounds in combination with various high-throughput technological innovations, such as high-content imager, large-scale behavior analysis, robotics, and bioinformatics. This Special Issue is intended to provide a forum to discuss zebrafish screening from broader perspectives, ranging from the creation of human diseases models, technologies harnessing these as a model organism, and their uses for drug discovery. Review articles by experts in the field would be particularly welcome.

Dr. Yasuhito Shimada
Prof. Herman Spaink
Guest Editors



Zebrafish-based Drug Screeningのテーマでさせていただいておりますが、実際の機能性分子についてだけではなく、スクリーニング方法、スクリーニングに使えそうなモデルゼブラフィッシュも対象とさせていただいております。

〆切は来年の3月31日でございます。

書いてくれそうな方には直メールを出しますので、よろしくお願いいたします!!


この頃は、このあとにeditor地獄が待っているとは想像もしておりませんでした。
続く・・・。


最近追加した記事

8/13: HP掲載(7/15記事)
8/10: 稚魚飼育(8/10記事)
7/13: Press release(7/7記事)
7/6: Publish(7/6記事)
7/2: Publish(7/2記事)
6/30: 出版(6/30記事)
6/30: Published(6/14記事)
5/29: 奨励賞(5/22記事)
4/30: Published(4/30記事)
4/30: 学会延期(4/30記事)
4/30: Facebook復活(4/24記事)
4/23: Facebook停止(4/23記事)
4/23: センターHP(4/1記事)
4/23: 新聞掲載(3/26記事)
4/23: Special Issue(3/5記事)
4/23: Front Biosci(2/24記事)
3/8: Published(3/3記事)
3/8: (2/10記事)
3/8: 最優秀演題賞(11/1記事)
3/8: 鈴メンちゃんねる9(10/9記事)

Twitter