FC2ブログ

Blog

Intro

Publication

Conference

ZF Protocol

Link

ResearchGate

2大、研究者用SNSといえば・・・
ReseachGateLinkedIn。頭文字をとると「R & L」で右手と左手みたいな感じなるのが少し面白い2大サイトです。
160615R_L.png 
ResearchGateはどちらかというとアカデミック、そしてバイオ系の研究者が多く、LinkedInは工学部や数学者、音楽家などいろいろな方が登録されている印象が強いです。
ですのでResearchGateは本当に研究などで知っている(co-authorや共同研究をしたことがある方たち)人がメインになり、
LinkedInでは数多くの友達にまみれる、という感じです。
もっともLinkedInでは、会ったこともない中東の証券会社のコンサルタントが友達申請してきたりもします(当然、無視しています)。

さて、今回はReseachGateについて少し書きます。
正直、私のお気に入りはこちらです。

このSNSの圧倒的に便利な点は
論文PDFを無料で手に入れやすい!!
につきます。大学などで契約していない雑誌に載っている論文を自前で購入する必要はないのです。

もし興味のある論文の著者が登録されていたら、その方にSNS内で論文PDFをリクエストすることができますし、気の利いた著者ならReseachGate会員限定で論文を公開していたりします。
ありがたいことです。

そしてRG(面倒なので省略形を使います)のちょっと便利な機能は・・・
研究者(自分も含む)のImpact factor合計が出ている~~~
ええ、研究者はお互いライバル。相手のIFが気になるお年頃・・・というのもありますが、遊びで有名人のIFを調べたりするのもその結果にびっくりできて楽しめます(このIFはおおざっぱなので間違いも多いですが)。

たとえばゼブラフィッシュ界の重鎮の御名前を入れさせていただきますと・・・
160615LZON.png 
インパクトファクター 5153点!!!
うひょーーーー。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最近追加した記事

4/28: Published (4/28記事)
2/26: 分子生物学会 (12/6記事)
2/25: 新水槽システム (2/19記事)
1/13: 未病学会 (11/17記事)
1/13: デンソー (11/6記事)
1/13: 信楽 (11/4記事)
1/12: 中国3 (9/22記事)
1/12: 中国2 (9/20記事)
1/12: 中国1 (9/19記事)
12/27: Published (12/17記事)
12/27: ZMDD2019 (11/2記事)
12/27: 京都大学 (10/7記事)
12/27: 彦根・安土城 (9/15記事)
12/22: Published (12/17記事)
12/22: Published (11/20記事)
12/22: Doctors File (11/9記事)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter